最新!  知多養鶏農協 設立50周年を盛大に祝う(ニュース-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


食鶏取引規格と小売規格を改正 今年4月から

2011.01.25発行
 農林水産省は1月7日、食鶏取引規格と食鶏小売規格を改正したと発表した。新規格は今年4月1日から適用されるが、10月1日までは改正前の規格でも表示できる。
 ブロイラーの品種改良に伴って生体重が増加していることや、以前は流通しなかった部位が販売されるようになっているため、流通実態に合わせて改正したもの。主な改正内容は次の通り。
 食鶏取引規格=(1)生体、と体(生鮮品)の重量区分を、それぞれ100グラムずつ引き上げ(2)と体と中抜き(ともに生鮮品)の品質標準を「A級」と、それに該当しない「格外」に分けて設定(旧基準ではB級と分類)(3)手羽もと、手羽さき、手羽なか、ささみの1個当たりの重量区分を削除
 食鶏小売規格=(1)手羽はし、手羽もとつきむね肉、もつ、なんこつ、手羽なか半割り(手羽なかを骨に沿って2分割したもの)を生鮮品の部位に追加(2)生鮮品の品質標準を単一に(2等級の区分を廃止)



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。