最新!  鶏肉は当面高止まりで推移 鶏卵は上昇後、連休明けに下げへ(トップ記事-2017.04.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月23日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


防鳥ネット整備などに補助 農林水産省予算

2011.01.25発行
 消費・安全局動物衛生課の「家畜伝染病予防費」は、家畜伝染病予防法に基づき、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなどの家畜の伝染病の発生予防とまん延防止、殺処分手当てなどで、前年度と同額の35億9000万円。
 新規の「高病原性鳥インフルエンザ緊急防疫体制整備」は9億9600万円。養鶏場における野鳥やネズミなどの侵入防止に必要な防鳥ネット、動力噴霧器の資材・機材などの緊急的な整備に2分の1以内(定額)を補助するもの。事業実施主体は都道府県、市町村、農業者団体など。
 HACCPの考えを取り入れた家畜の飼養衛生管理を推進する「農場生産衛生向上体制整備促進事業」は前年度と同額の2500万円。
 都道府県の家畜保健衛生所に必要な施設整備を支援する「家畜衛生の推進」は30億2300万円(前年度26億8600万円)。
 家畜の伝染性疾病や人獣共通感染症の侵入を防止するためなどの「動物検疫所の検疫事業費」は10億8000万円(前年度10億4500万円)。
 畜水産安全管理課の「獣医療提供体制整備推進総合対策事業」は9600万円(前年度5800万円)。獣医系大学の学生に対する臨床実習の実施や修学資金の貸与、臨床獣医師に対する卒後研修の実施などにより、産業動物獣医師の育成・確保を図るもの。
 アジア地域で流行する疾病に対応した動物用医薬品の開発と供給体制の基盤を整備し、協力体制を確立する「動物用医薬品開発・供給体制整備事業」は、新規(5か年事業)で3000万円。
 このほか、継続事業として「食の生産資材安全確保対策事業」「畜産物の安全確保」「動物用医薬品安全等対策事業」などがある。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。