最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成21年の県別養鶏産出額 鹿児島、宮崎、岩手の順

2011.01.05発行
 農林水産省は去る12月10日、平成又Nの都道府県別の農業産出額を公表した。
 養鶏産出額(鶏卵と食鶏の合計)が最も多かったは鹿児島県の771億円(都道府県の合計に占めるは割合10.2%)で、次いで宮崎県の637億円(同8.4%)、岩手県の633億円(同8.4%)、茨城県の381億円(同5.0%)、千葉県の365億円(同4.8%)の順であった。
 このうち、鶏卵の産出額が最も多かったのは茨城県の331億円(鶏卵産出額に占める割合は7.8%)で、次いで千葉県の309億円(同7.3%)、鹿児島県の246億円(同5.8%)、岡山県の209億円(同4.9%)、愛知県の193億円(同4.6%)の順。
 ブロイラーの産出額が最も多かったのは鹿児島県の505億円(ブロイラー産出額に占める割合は17.9%)で、次いで宮崎県の499億円(同17.6%)、岩手県の490億円(同17.3%)、青森県の180億円(同6.4%)、北海道の124億円(同4.4%)の順。
 県の農業産出額の中で養鶏部門の占める割合が高かったのは岩手県の26.4%(633億円)で、次いで岡山県の21.5%(269億円)、香川県の20.7%(156億円)、宮崎県の20.7%(637億円)、広島県の19.6%(200億円)の順であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。