最新!  8月の補てん5.103円 鶏卵価格差補てん(ニュース-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


初のたまご広告 2月1日からスタート

2007.02.05発行
 (社)日本卵業協会(寺西孝年会長)と(株)サニーサイドアップ(次原悦子社長−本社・東京)は、鶏卵を広告媒体として活用する日本初の「たまご広告」を、2月1日からスタートさせた。
 たまご広告の最初の広告主は、日清食品(株)の即席めん「チキンラーメン」。チキンラーメンの広告が印刷された上貼りラベルと豆シールを貼った鶏卵は、2月1日から北海道と九州地区を除くダイエー各店で発売される。
 鶏卵に貼付する豆シールなどに、企業や国、自治体などの広告メッセージを掲載するたまご広告は、日本では初の試み。
 年間1人当たり約330個の鶏卵を消費する日本では、1日平均で5300万個の鶏卵が流通しているといわれており、媒体数(鶏卵の出荷個数)と広告単価から産出した市場規模は、約114億円に相当するとのこと。サニーサイドアップでは、「最も身近な食品である鶏卵を広告媒体にすることで、特に家庭の食生活を預かる主婦層をターゲットにした新たな広告手法になる」と、今後の広がりに期待している。
 たまご広告による収益の一部は、鶏卵のトレーサビリティなどの安全・安心対策や、消費促進などに使われる。
 【わが国初のたまご広告パック卵】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。