最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


18年の平均卵価は183円 食鳥相場はもも553円、むね216円

2007.01.25発行
 平成18年(2006年)の鶏卵相場(JA全農たまご・東京M加重)は、鳥インフルエンザ(H5N2型)の被害を受けた茨城県での生産回復の遅れや、殻付卵や凍結卵の輸入量が減少したことなどから、比較的堅調に推移し、年間平均は183円(前年比21円安)となった。
 食鳥相場(日経・東京加重)は、国内の生産量が順調に伸びたことに加え、鶏肉や鶏肉調製品の輸入量が増加したことなどから、春先から秋口までの長期にわたって需給失調に陥り、年間平均はもも正肉が553円(前年比33円安)、むね正肉が216円(同23円安)と低迷した。
 本紙では、毎年1月5日付の新年特集号で、業界の有識者の方々に、その年の相場を予想していただいている。
 鶏卵相場は、18人全員の予想が18年実績の183円を下回り(18人平均171円)、田崎鶏卵(株)会長の江中征彦氏と、川崎鶏卵(株)社長の中込壮一氏の178円(5円差)が最も近かった。
 食鳥相場のもも正肉は、8人全員の予想が18年実績の553円を上回り(8人平均581円)、丸トポートリー食品(株)取締役営業部長の多田実氏の562円(9円差)が最も近かった。むね正肉は、全員の予想が18年実績の216円を上回り(8人平均241円)、スターゼン(株)国内営業本部本部長付部長国産ブロイラーグループリーダーの永津一博氏の218円(2円差)が最も近かった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。