最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


フィリピンの鶏肉産業

2006.11.15発行
 今年9月9日、小泉首相(当時)とフィリピンのアロヨ大統領は、日本とフイリピンの自由貿易協定を核とした経済連携協定(EPA)に署名した。この中で、鶏肉には低関税輸入枠が設けられ、関税率を現行の11.9%から8.5%(骨付きもも肉を除く)まで引き下げることや、輸入枠を1年目の3000トンから5年間で7000トンまで拡大することが決定している。(独)農畜産業振興機構発行の「畜産の情報」11月号・海外編は、シンガポール駐在員事務所の特別レポートとして、フィリピンの鶏肉産業の動向を特集している。概要は次の通り。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。