最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵生産量、出荷量とも前年並み 1〜6月の鶏卵流通統計

2006.08.25発行
 農林水産省・統計部は8月18日、18年1〜6月の鶏卵流通統計をまとめた。鶏卵の生産量は123万3178トン、出荷量は119万5895トンで、いずれも前年同期並みとなった。県別では茨城など17県が減少したものの、30県で増加した。

 18年1〜6月の鶏卵流通統計によると、全国の鶏卵生産量、出荷量ははほぼ前年同期並みで、生産量は123万3178トンで前年同期比100.2%、出荷量は119万5895トンで同100.3%と、前年同期をわずかに上回った。
 弱毒タイプの鳥インフルエンザの発生で、昨年から今年にかけて約600万羽近い羽数を処分した茨城県の鶏卵生産量は、前年同期に比べ約40%減少した。このほか群馬、千葉、神奈川、東京、富山、山梨、静岡、三重、京都、大阪、和歌山、香川、高知、福岡、熊本、沖縄の17都府県で減少した。
 増加したのは北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、栃木、埼玉、新潟、石川、福井、長野、岐阜、愛知、滋賀、兵庫、奈良、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島の30道県であった。
 首都圏の鶏卵流通面からみると、茨城の減少分のほとんどは東北と北陸(一部北海道)の増加分でまかなわれたとみられる。
 月別の生産量と出荷量では、3月と4月が前年同月を下回ったものの、1月、2月、5月、6月は前年同月を上回った。
 また、1〜6月の2大都市の入荷量は、東京は11万2615トンで前年同期比108.4%、大阪は11万618トンで同101.5%であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。