最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月16日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


卵殻強度計Uを新発売 簡単操作で高精度 富士平工業

2006.07.15発行
 富士平工業(株)(坪井正規社長−本社・東京都文京区本郷6−11−6)は、測定装置に最新のフォースゲージを採用した「卵殻強度計U」を7月20日から新発売する。
 卵殻強度計Uの主な特長は次の通り。
 (1)測定部に(株)イマダ製のフォースゲージを採用=これまでの油圧式からフォースゲージ方式に変更したため、簡単な操作で精度の高い測定が可能になった。フォースゲージは、引っ張り強度、圧縮強度などの各種荷重を電子的に測定する装置で、同製品で高い評価を得ている(株)イマダ製を採用している。
 (2)簡単操作=測定は、卵をセットして測定ボタンを押すだけ。毎回のゼロ調整が不要で、2検体目以降も鶏卵を置き、測定ボタンを押すだけ(ゼロリセット→測定部下降→卵殻強度測定→結果表示→データメモリー、USBケーブルを介してパソコンにデータを転送→測定部上昇→停止)。
 (3)測定値はデジタル表示=表示方式をデジタルにして、目視による読み取り誤差をなくした。
 (4)測定データを記録=従来機は測定データを記録できなかったが、新型機は本体内に1000件の記録が可能なため、パソコンにデータを転送できるようになった。データはエクセルファイル形式にも変換できる。
 (5)メンテナンスも万全=アフターメンテナンスは、富士平工業とイマダが責任を持って対応するため安心である、とのこと。
 本体のサイズは、幅200mm×奥行き196mm×高さ328mmで、重量は約15kg。標準価格は47万5000円(税別)。
 詳細は同社(電03・3812・2271)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。