最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏肉調製品の増加続く 鶏卵関係の輸入は減少 4月輸入

2006.06.15発行
 財務省関税局は、18年4月分の輸入通関実績をまとめた。(表参照)
 《鶏肉関係》鶏肉は前年同月比87.3%の2万9654トン(内訳は骨付きももが同104.8%の2259トン、その他鶏肉が同86.1%の2万7395トン)で、ブラジルが全体の90.2%を占めた。
 鶏肉調製品は同109.2%の2万9513トン。このうち中国は1万7697トン(前月1万5336トン)、タイは1万1659トン(同1万2114トン)。
 1〜4月の累計は、鶏肉は前年同期比107.9%、鶏肉調製品は同111.5%、七面鳥肉は同49.5%、七面鳥くず肉調製品は同157.4%、家きん肉は同142.2%、その他の家きん肉調製品は同115.2%、家きんの肝臓は同98.8%。
 《鶏卵関係》マヨネーズを除き、軒並み前年同月を下回った。
 殻付卵はオランダ、ブラジルからの輸入が止まり、ワクチン卵用の4トンにとどまった。
 1〜4月の累計は、凍結全卵は前年同期比48.6%、凍結卵黄は同50.4%、卵白粉は同77.8%、凍結卵白は同67.3%、全卵粉は同96.1%、卵黄粉は同110.7%、殻付卵は同46.1%、家きん卵は同99.5%、マヨネーズは同98.4%。
 4月の輸入卵の殻付換算は9159トン(前年同月比65.0%)、1〜4月累計は3万7192トン(前年同期比74.3%)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。