最新!  東北ファーム総合GPセンターが竣工 オリジナル仕様の設備で合理化(ニュース-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月24日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ドイツも輸入停止

2006.04.15発行
 農林水産省は4月5日、OIE(国際獣疫事務局)からセルビア・モンテネグロで鳥インフルエンザ(AI)が発生したとの報告を受け、同日付で同国からの家きんや家きん肉などの輸入を一時停止した。過去5年間、同国からの輸入実績はない。
 ドイツでも、5日に東部(旧東ドイツ)のザクセン州の七面鳥にN5N1型の鳥インフルエンザが発生し、EUのプレスリリースでも報告されたため、農林水産省は六日付で輸入を一時停止した。ドイツからは昨年、家きん肉などが8トン、加工卵(粉卵)や殻付卵(無菌卵)が825トン、採卵鶏の原種鶏や種鶏などが約127,000羽の輸入実績がある。
 イギリスでも死んだ白鳥からH5N1型の鳥インフルエンザが確認されたが、家きんに感染していないため、輸入停止の措置はとられていない。
 これにより、輸入を停止している国と地域(州単位を含む)は40となった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。