最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月27日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


シェリング・プラウが「パラコックス−5」を発売 鶏のコクシ生ワクチン

2006.03.15発行
 シェリング・プラウアニマルヘルス(株)(レオポルド・ナニ社長−本社・東京都新宿区)は、鶏のコクシジウム感染症混合生ワクチン「パラコックス−5」を4月から発売する。
 パラコックス−5は、鶏のコクシジウム感染症(アセルブリナ、テネラ、マキシマ、ミチス)混合生ワクチンで、主な特徴は次の通り。
 (1)鶏の生産現場で問題となるアセルブリナ、テネラ、マキシマ(2株)およびミチスの計4種5株を含有し、幅広くコクシジウム感染症を予防する。
 (2)高度に弱毒化した早熟系コクシジウム株を用いており、病原性が高度に低下している。
 (3)ヨーロッパを中心に、毎年五億羽を超える鶏に投与されており、その効果と安全性が確認されている。
 (4)1回の投与で鶏に十分な防御免疫を付与する。
 用法と用量は、え付け時の平飼いブロイラーヒナを対象とし、同剤をえ付け用の飼料に均一に混合して1回投与する。投与方法は、1羽当たり同剤0.004ミリリットルを、え付け用の飼料約2〜5グラムに均一に混合して投与する。ヒナが混合飼料を摂取したことを確認した後に、通常のえ付け用飼料を給与する。
 包装形態は、4ミリリットル(1,000羽分)×10バイアルと、20ミリリットル(5,000羽分)×10バイアル。
 詳細は同社ライブストック事業部(電03−6901−1972)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。