最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月28日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏肉調製品が過去最高 輸入卵(殻付換算)も15万トン台に 17年の輸入

2006.02.15発行
 財務省関税局は、2005年12月分の輸入通関実績をまとめた。
 《鶏肉関係》鶏肉は前年同月比93.7%の31,390トン(内訳は骨つきももが同59.3%の2,305トン、その他鶏肉が同99.5%の29,085トン)で、ブラジルが全体の90.0%を占めた。
 鶏肉調製品は同107.4%の32,812トン。このうち中国は18,559トン(前月17,880トン)、タイは13,077トン(同12,213トン)。
 この結果、05年の鶏肉の輸入累計は前年比118.5%の419,119トンになった。内訳は骨つきももが26,838トン(同81.8%)、その他鶏肉が392,281トン(同122.2%)。
 国別では、ブラジルが同127.8%の378,465トンで、全体の90.3%を占めた。このほかチリやアルゼンチン、ポーランドなど、鳥インフルエンザ未発生国からの輸入が大幅に伸びた。
 鶏肉調製品は、鳥インフルエンザの発生によって、中国やタイからの輸出が正肉から加熱調理品にシフトしたため、過去最高の329,088トン(同144.2%)になった。中国とタイの2か国で全体の98.6%を占めた。
 このほか、鶏の肝臓は同11.3%の3トン、七面鳥肉は同118.9%の1,088トン、七面鳥くず肉調製品は同66.9%の154トン、家きん肉は同170.3%の8,044トン、その他の家きん肉調製品は同144.4%の4,180トン、家きんの肝臓は同113.4%の755トン。
 《鶏卵関係》凍結全卵、全卵粉、殻付卵、マヨネーズが前年同月を上回った。
 05年の輸入累計は、凍結全卵は前年比201.5%の5,432トン、凍結卵黄は同157.1%の17,247トン、凍結卵白は同133,172.7%の2,663トン、全卵粉は同176.6%の5,152トン、卵黄粉は同99.0%の2,308トン、卵白粉は同96.0%の10,486トン、殻付卵は同1,118.2%の13,784トン、家きん卵は同102.8%の800トン、マヨネーズは同80.0%の521トン。
 凍結全卵はブラジル、中国、タイの3か国で全体の98.5%、凍結卵黄はアメリカ、ブラジル、カナダ、デンマークの4か国で99.9%、全卵粉はアメリカ、インド、ブラジル、カナダの4か国で95.2%、卵白粉はオランダ、カナダ、アメリカ、イタリアの4か国で57.6%、卵黄粉はアメリカ、インド、カナダ、ベルギーの4か国で95.2%を占めた。
 殻付卵はアメリカが40.5%、オランダが31.1%、ブラジルが27.8%を占めた。
 05年の輸入卵の殻付換算累計は、前年比124.3%の158,931トンと初めて15万トン台に乗せ、2年連続で過去最高となった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。