最新!  鳥獣類被害対策製品 成和が「鳥獣丸」発売(新製品-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


キユーピーの17年11月期決算は増収減益 卵価の高騰などが利益圧迫

2006.02.05発行
 キユーピー(株)(鈴木豊社長―本社・東京)が1月11日に発表した平成17年11月期(16年12月1日〜17年11月30日)の連結決算は、食品、物流の両事業が売り上げを伸ばしたものの、マヨネーズなどの主原料である鶏卵や食用油の高騰などが大きく影響し、増収減益になった。
 売上高は4,550億700万円(前期比7.4%増)、経常利益は128億2,900万円(同17.3%減)、当期純利益は54億6,500万円(同22.0%減)になった。
 食品事業の売上高は3,677億7,400万円(前期比7.9%増)、営業利益は143億5,700万円(同14.0%減)。
 このうち、マヨネーズ・ドレッシングの売上高は1,152億1,100万円(同3.3%増)。キユーピーマヨネーズ発売80周年記念キャンペーンなどで需要の換気に努めたことや、「深煎りごまドレッシング」、健康志向に沿ったノンオイルドレッシングがさらに拡大したことで、36億5,300万円の増収になった。
 タマゴの売上高は901億9,700万円(同18.3%増)。コンビニ向けの「まるオムレツ」や「とろっとたまご」などの付加価値品が引き続き順調で、ファインケミカル分野でヒアルロン酸が売り上げを伸ばしたことに加え、鶏卵相場がおおむね高値で推移したことや、前期の決算期調整の影響などから、139億8,300万円の増収になった。
 次期は「野菜はおいしいサプリメント」を掲げて、マヨネーズ・ドレッシング需要の拡大を図るほか、タマゴでは、独自技術を用いた高付加価値品を積極的に展開し、発酵法による製品を加えたヒアルロン酸の拡大を進める。業績については売上高4,600万円、経常利益154億円、当期純利益70億円を見込んでいる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。