最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月21日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


不信感強める生産者団体 10月以降の感染経路は不明

2005.12.05発行
 茨城県小川町で36例目となる弱毒タイプの鳥インフルエンザの抗体陽性が11月22日に確認され、29日にウイルスも分離されたことで、養鶏関係者の不安が一段と高まっている。24日に開催の家きん疾病小委員会と感染経路究明チームの会合では、10月末以降に確認された5例の感染経路は不明だが感染は広がっていない、との見解を示した。これに対し生産者団体などは、ウインドレス鶏舎の抗体陽性鶏を残したり、鶏糞を外部に持ち出したことなどに不信感を強めており、検討を進めている弱毒タイプの防疫指針についても、開放鶏舎が事実上切り捨てられかねないと危惧している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。