最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月26日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


コレステロールの新しい常識 鶏卵と心臓病の関係をただす

2005.07.25発行
 米国鶏卵栄養センター(ENC)所長のドナルド・J・マクナマラ博士は、去る6月14日に開かれた「鶏卵とコレステロールの関係を考えるフォーラム2005」(主催・日本鶏卵生産者協会、(社)日本養鶏協会)、同16日に開かれた(社)日本養鶏協会関東甲信越地域協議会の養鶏研究大会で講演した。マクナマラ博士は、“鶏卵を食べるとコレステロールが高くなり、心臓病になる”との誤った認識を払拭させるまでの経緯や、鶏卵に含まれるコリンやルテインなどの機能に着目した研究成果などを紹介し、「鶏卵はコレステロールの象徴ではなくなった。鶏卵がもたらすメリットは、人が誕生する前から高齢者になるまで一生涯続く」などと強調した。養鶏研究大会での講演要旨をまとめた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。