最新!  8月の補てん5.103円 鶏卵価格差補てん(ニュース-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


統一した「食鳥検査申請報告書」を作成 成鶏処理流通協議会

2005.06.05発行
 日本成鶏処理流通協議会(宮本一彦会長)は、採卵養鶏場から処理場に出荷される成鶏について、「食鳥検査申請に伴う報告書」を提出してもらうことにし、統一した書式を作成した。
 農林水産省は、家畜伝染病予防法第52条に基づき、1週間に1回求めていた農家からの死亡鶏の報告を今年4月末で中止した。これは、鳥インフルエンザの発生がなく、家畜保健衛生所の集計業務が煩雑になったために中止したもの(農家には異常鶏発見時の早期通報の必要性を強調するとともに、必要な時には再報告を求めるとしている)。
 一方、厚生労働省が管轄する食鳥検査では、この報告が異常鶏発生の事前情報となっていたことから、中止に伴い、関係事業者が提出する食鳥検査申請書に、「出荷前3日間の養鶏場における死亡割合が10%を超えていないこと」を新たに追記し、養鶏場と処理場の現場では混乱もみられていた。
 特に成鶏処理の場合は、県を越えて成鶏が移動する場合も少なくないため、統一した書式の方が望ましいことから、同会で出荷前3日間の死亡羽数の確認をする「食鳥検査申請に伴う報告書」を作成し、厚生労働省などの了解を得たもの。
 同報告書は、住所や農場名、飼養羽数、出荷前3日間分の死亡羽数または死亡率など、必要最小限のことを書き込むようになっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。