最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


AIの影響で処理羽数2%減 16年の食鳥流通統計

2005.05.25発行
 農林水産省大臣官房統計部は5月10日、平成16年の食鳥流通統計を公表した。高病原性鳥インフルエンザの発生の影響もあって、ブロイラーやその他の肉用鶏(地鶏、銘柄鶏)、廃鶏、その他食鳥(あいがも、うずら、アヒル)などの処理羽数はすべて減少した。

 平成16年の全国の食鳥処理羽数および重量は、年当初に高病原性鳥インフルエンザの発生があったことから、処理羽数は6億8,720万羽で前年比2%減となった。一方、処理重量は184万303トンで前年並みとなった。食鳥処理量を種類別にみると次の通り。
 (1)ブロイラー
 処理羽数は5億8,995万7千羽で前年に比べ1%減少したものの、処理重量は165万6,554トンで同1%増加した。
 1羽当たり生体重量は2.808kgで同4%増加した。
 出荷戸数は3,240戸で前年に比べ2%減少し、1戸当たり出荷羽数は18万2千羽で同2%増加した。
 年間出荷羽数規模別出荷戸数・出荷羽数をみると、50万羽以上規模の戸数が157戸、羽数が1億7,930万羽で前年に比べそれぞれ5%、2%増加した。全体に占める割合は、戸数で5%であるのに対し、羽数では30%となっている。
 都道府県別に出荷羽数割合をみると、鹿児島が19%と最も多く、次いで宮崎が18%、岩手が15%の順となっており、上位3県で全国の5割以上を占めている。
 また、出荷重量割合をみると、宮崎が18%と最も多く、次いで鹿児島が17%、岩手が15%の順となっている。
 (2)その他の肉用鶏
 肉用鶏のうち、ふ化後3か月以上の鶏(一般的に「地鶏」「銘柄鶏」といわれる鶏)の処理羽数は838万8千羽、処理重量は25,530トンでいずれも前年に比べ10%減少した。
 県別では宮崎、秋田などで増加したものの、兵庫、福島などで減少した。
 都道府県別出荷羽数割合をみると、徳島が24%で最も多く、次いで宮崎が11%、福島が10%、秋田が8%の順となっている。
 (3)廃鶏
 処理羽数は8,619万3千羽、処理重量は153,111トンで前年に比べそれぞれ6%減少した。
 (4)その他の食鳥
 あいがも、うずらなどの鶏以外の処理羽数は266万4千羽で前年に比べ3%減少し、処理重量は5,108トンで同2%減少した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。