最新!  鶏舎屋根に太陽光発電を設置 養鶏業界の課題解決に取り組む 加茂川啓明電機が提案(新製品-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月18日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


17年度中に試作品 国産の鳥インフルエンザワクチン

2005.05.15発行
 本紙4月25日号既報の通り、農林水産省消費・安全局衛生管理課は4月19、20の両日、同省7階講堂で平成17年度全国家畜衛生主任者会議を開いた。
 この中で、(財)全国競馬・畜産振興会の助成を受けて、(社)日本動物用医薬品協会が事業主体になる(1)鳥インフルエンザワクチン等緊急開発事業(2)鳥インフルエンザ等防疫実践調査研究事業――について説明された。
 このうち鳥インフルエンザワクチン等緊急開発事業(18年度まで)は、有効性および安全性などが確認された鳥インフルエンザワクチンを安定的に確保するために、輸入ワクチンの承認を早急に得る(16年12月に3製品が輸入承認)とともに、国内製造ワクチンの開発を推進する事業。
 鳥インフルエンザ等防疫実践調査研究事業(19年度まで)は、承認または開発が進められている鳥インフルエンザワクチンについて、(1)防疫指針に従い、飼養実態に即したワクチン接種プログラムの作成(2)DIVAシステムよりもさらに汎用性のある野外ウイルス感染識別迅速診断キットの開発(3)鳥インフルエンザ発生時に、迅速で環境や公衆衛生に配慮した汚染物の処理方策の確立――を図るための事業。
 国産の鳥インフルエンザワクチンについては、17年度中に試作ワクチンを作り、その有効性や安全性を試験する予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。