最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ワクチンなどで勧告 OIE

2005.04.25発行
 家きん疾病小委員会では、4月7、8の両日、パリのOIE(国際獣疫事務局)本部で開かれたOIE/FAO主催の鳥インフルエンザに関する技術会議(生態および疫学、病原性、人の健康への影響、診断、ワクチンに注目した鳥インフルエンザの防疫および対策の改善の6分野で、それぞれ発表や質疑が行なわれた)の勧告内容が農林水産省から報告された。
 勧告の内容は後日公表されるが、ワクチンに関しては(1)ワクチン接種は、その効果的かつ適切な使用と、ウイルスの循環がないことを担保するために、接種鶏群でのモニタリングを実施しながら行なうこと(2)鳥インフルエンザの防疫は、摘発淘汰、ワクチン接種、バイオセキュリティの改善と、生産者の意識改革といった低減手法よって行なうこと(3)ワクチンはOIE基準を満たすとともに、ワクチン接種の戦略はFAOのガイドラインに沿ったものとすること(4)ワクチン接種前に、ワクチン接種群のサーベイランスプログラムを確立すること。また、ワクチン接種を中止する戦略も事前に確立すること――などが勧告される予定で、従来に比べてワクチンの使用に一歩踏み込んだ内容になるようだ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。