最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月24日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鹿田氏(群馬)の桂種が優勝 第67回チャボ全国品評会

2005.04.25発行
 全日本チャボ保存協会(経徳禮文会長―事務局・東京都江戸川区)は4月17日、東京・江戸川区総合文化センターで、第67回チャボ全国品評会を開いた。
 今回の品評会には、各会員(育種家)自慢のチャボ90点が出品された。
 体重や冠、肉ぜん、尾など15項目について、1羽1羽ていねいに審査した結果、総合優勝(農林水産大臣賞)は群馬県の鹿田孝氏の桂種が選ばれた。優勝は群馬県の山口等氏の碁石(東京都知事賞)と、茨城県の小林幹雄氏の源平(東京都教育委員会賞)。このほか準優勝や特等賞など31点が表彰された。
 チャボ(矮鶏=小さい鶏)は、日本鶏の一種で昭和16年8月1日に、文部省(当時)から国の天然記念物に指定されている。全日本チャボ保存協会は、江戸文化の生きた芸術ともいわれるチャボを保存する団体。チャボは体が小さくて美しく、飼う場所もあまり必要としない。品評会には一般の人も訪れ、チャボの愛くるしい姿に見とれていた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。