最新!  関東GPセンターが竣工 マルトグループのパートナーズ 最新鋭設備でコストダウン図る(ニュース-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月25日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


公正競争規約の作成へ 施行は今秋メドに 中央鶏卵規格取引協議会

2005.04.05発行
 鶏卵関係中央団体で組織している中央鶏卵規格取引協議会(事務局・(社)日本養鶏協会内)は3月28日に運営委員会を開き、昨年11月30日に公正取引委員会から求められた「ブランド卵表示の適正化」に対応して策定した、国産鶏卵公正競争規約案について検討した。
 同協議会では、公正競争規約案を各構成団体で再検討し、公正取引委員会に認定申請を行なう。同委員会はこれを受けて、消費者代表を含めた公聴会を開いて審査し、規約案を同委員会が官報告示して施行となるが、告示のメドは早くても今年秋以降になるとみられている。
 国産鶏卵の公正競争規約案は、農林水産省規格や食品衛生法、JAS法で定められた名称や内容量、賞味期限、保存方法、原産地名の表示、栄養強化卵では成分対比データの義務付けのほかに、特定用語の使用基準((1)飼養環境に関する表示(2)特定病原体対策を講じている旨の表示(3)鶏や鶏舎などの安全・衛生対策に関する表示(4)非遺伝子組み換え飼料の使用やポストハーベスト農薬を使用していない旨の表示(5)地卵の表示(6)その他の表示禁止用語)を定め、ブランド卵はこの基準に沿った表示を行なうことにしている。
 公正競争規約に基づいて適正な表示をした事業者には、「公正」を印した会員証紙を表示できるようにする。
 一方では、表示の合理的な根拠となる資料などの2年間の保存や、定義に合致しない不当表示の禁止、違反事業者への罰則規定なども盛り込んでいる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。