最新!  国際養鶏養豚総合展 来年5月30日〜6月1日に名古屋で(ニュース-2017.07.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月21日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


オイルバックスSET 化血研が4月1日に発売

2005.04.05発行
 (財)化学及血清療法研究所は、オイルバックスSETを4月1日に新発売した。
 採卵養鶏場でのサルモネラ対策は必須要件になってきており、ワクチンは対策ツールの1つとして位置づけられている。これまではSEを中心に実施されてきたが、STも介卵感染することや、養鶏場のST汚染が確認されていること、野鳥やその他の動物もよくSTを保有していること、実際に鶏卵によるST食中毒の例が報告されていることから、ST対策も必要と考えられ、同研究所が開発したもの。
 オイルバックスSETの特徴は、(1)国内初のSE、ST混合オイルアジュバントワクチン(SE単味ワクチンでは対応できないSTの定着も軽減する)(2)投与回数は1回(3)使用したワクチン株はすべて国内の分離株(4)オイルバックスシリーズ共通の実績のあるオイルアジュバントを使用している、など。基本的衛生管理と合わせ、サルモネラ対策の仕上げとして使うと効果的、としている。
 用法・用量は、5週齢以上の種鶏および採卵鶏の頚部中央部の皮下に、一羽当たり0.5mlを注射する。
 詳細は、化血研営業管理部学術第3課(電096・345・6500)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。