最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


卵重、卵質とも安定 都卵協・今夏の検査結果公表

2004.10.05発行
 (社)東京都卵業協会(高杉勝利会長)の検査部会(倉益二郎部長)は、このほど8月29日に全農中央鶏卵センターで実施した鶏卵品質検査の結果を公表した。
 普通パック卵のL27パック、特殊卵(ブランド卵)42パックについて、卵重、ハウユニット、卵殻強度、卵黄色などを検査した。
 検査結果について倉部長は、「今年は、都卵協の会員や日本卵業協会の杉田専務、全農中央鶏卵センター職員の協力を得て、総勢29人で検査を行なった。
 全国的に7月と8月は記録的な猛暑が続き、鶏卵の品質も心配されたが、検査当日の東京は台風の影響もあり、最高気温は20.9度C、パック卵を購入した前日の28日も23.4度Cと低かった。このためもあってか、検査した卵は、卵重はほぼ農水省規格内、ハウユニットもほぼUSDAランクA以上と、安定した数値を示した」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。