最新!  鳥インフル対策のさらなる徹底を!(トップ記事-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月26日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


南九州での生き残り戦略 マルイ農協組合長・高松智興氏に聞く

2004.09.25発行
 高病原性鳥インフルエンザ(AI)の発生や暴落卵価の直撃でレイヤー、ブロイラー産業ともに、かつてない激変に直面し、大きな痛手を負ったものの、一時たりとも舵取りを休めることは許されない。計画生産が廃止されたレイヤー産業では、暴落卵価の赤字を引きずりながらも、一部では大増羽の計画があり、熾烈な戦いが始まりそうだ。ブロイラーもFTA交渉の進展につれて、一段のコストダウンが求められている。こうした中で、輸送費その他の面でハンディのある遠隔地の養鶏は今後、どのような生き残り作戦を展開するのか、マルイ農協の高松智興組合長に聞いた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。