最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


飼料生産などで業務提携 日本農産工業と日本配合飼料

2004.04.05発行
 三菱商事系の日本農産工業(株)(三好正俊社長―本社・横浜市)と、三井物産系の日本配合飼料(株)(川島政喜社長―本社・横浜市)は3月30日、配合飼料の生産と物流、研究開発の分野での業務提携に合意したと発表した。三菱・三井の垣根を越えた両社の業務提携によって、飼料業界の再編・集約化の動きが一層加速するのではないかと注目されている。

 両社は各地域の特性を十分考慮して、それぞれの地域で飼料生産の受委託や生産設備の統廃合、原料の安定確保などを図り、最も安全・安心でコスト競争力のある飼料の生産・物流体制の構築を目指す。
 すでに実施している共同出資会社(JV)や受委託先に対しても、さらに協力関係を深める。三菱商事と三井物産は、業務提携を全面的に支援し、特に原料調達を中心とする安全なサプライチェーンの構築に、その機能を発揮していく。
 南東北地域では、すでに日配・塩釜工場を牛用飼料専用工場に、農産工・塩釜工場を鶏・豚用飼料専用工場にすることで、飼料の受委託契約を締結済みであるが、将来的には同地域に大型の新工場設立を検討する。
 中部地域では、両社の知多工場はすでに鶏・豚用専用工場になっているが、将来的には日配・知多工場の敷地内に、両社合同で最新設備を持つ新工場の建設を検討する。
 西日本地域では、日配・関西工場で生産している畜産飼料(鶏・豚用飼料)の主力を、農産工・水島工場に生産移管し、飼料生産の効率化を図る。日配・関西工場は養魚用飼料を主力とした工場を目指す。
 北海道地域では、苫小牧・釧路の両地区を飼料生産の主要拠点とし、製品物流も考慮しながら極力集約することを検討するとともに、飼料配送の共同化を目指す。
 北東北地域では、大型工場の共同運営を目指して具体的事業化の検討に入る。
 鹿島地域と九州地域(志布志地区)では、生産拠点の効率的活用と、飼料配送の共同化を目指す。
 このほか、養魚用飼料関連では、両社が生産している銘柄を整理して、最適な場所で生産する。研究開発関連では、畜水産の環境・安全問題に対する研究について、両社でテーマの分担やデータの共有化を図る。種畜・種苗関連では、生産・流通について協力体制の構築を図る。
 これらの提携案件を推進するため、両社は生産、物流、研究開発の分野ごとに検討委員会を設置し、詳細を協議する。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。