最新!  ラックの『自動洗浄・消毒機』開発 高圧水と熱水で洗浄・消毒 石井製作所(新製品-2017.04.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月24日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


エコナパックの需要が拡大 ダイヤフーズ

2004.02.15発行
 ダイヤフーズ(株)(加茂守社長―本社・大阪府池田市)は、安全・安心・環境配慮をコンセプトに、リサイクル材料を中間層に使用した3層構造のA―PETシート『エコナパック』を開発したが、生産・販売を同製品に集中させたことから、需要が拡大しているという。
 同社は、エコナパックが採用される理由を「防虫・防塵・鮮度保持効果などの特徴が認められた結果である」と分析。現在、大手鶏卵生産者から全農、生協など大手鶏卵流通業者まで幅広く採用されているとのこと。
 エコナパックは、A―PET積層シート(バージン材/リサイクル材/バージン材)を使用した鶏卵パック(特許取得済み)で、廃PETボトルなどのリサイクル材使用の環境配慮性と安全・安心が大きな特徴。加えて簡易密封式の形状によってPET樹脂の特性であるガスバリアー性を生かすことができ、鮮度保持特性を発揮するほか、ハエ・虫などの侵入を防止する効果もある。
 最近は、ミニテープシーラー「ハッターくん」との併用が増えてユーザーから好評を得ているが、これは(1)パッキング時の衛生管理の徹底(2)自動化(3)不良パックのロス防止、などによるものと思われる。
 同社のリサイクル材の有効活用を主体にした一連の取り組みは、第3者機関の厳密な検査を受けて作成した「ダイヤフーズ(株)環境レポート」の中でも高く評価されている。
 新しい取り組みとしては、生分解性プラスチックを使用した鶏卵・食品容器の開発。シート生産から成形までの一貫生産の技術面に加え、大きな問題点とされていた経済面にも対応できるように、原料メーカーとともに開発を進めている。
 一方、トレーサビリティ(生産・流通履歴追跡)システム支援容器として「生産者ラベル付きイチゴパック」を発売。この容器は、全農おおいたの「環境に優しい」、しかも「生産者の顔が見える」ための容器がほしいとの要望に応え開発したもので、消費者からは「生産者を確認しやすい」と、生産者からも「責任感をもって生産しなければ」と、さらなる生産マインドの高揚につながった、と関係者から非常に好評である。
 大分以外の九州地区や他地域からも、このラベル貼付容器の引き合いが増えているとのことで、同社ではさらにノウハウを加えた改良型トレーサビリティ支援容器・パックの開発にも取り組んでいる。詳細は、同社(電072・753・3330)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。