最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月11日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


山口県養鶏協会に義援金 広島・島根の両県養鶏協会

2004.02.15発行
 (社)広島県養鶏協会の秋田善祺会長と島根県養鶏協会の竹下正幸会長は2月4日、山口県庁を訪れ、山口県養鶏協会の木下寿美会長に義援金70万円を手渡した。
 両県の養鶏協会では、79年ぶりに高病原性鳥インフルエンザが山口県で発生し、山口県内の養鶏家が風評被害を含め大きな影響を受けていることから、義援金を贈って激励することにしたもの。
 義援金を手渡した秋田、竹下両県の会長は「山口県の問題はわが県や全国の問題でもある。農家救済のルールが確立していないなど、国の対策に不備がある」などと述べた。受け取った木下会長は、両県協会の支援に感謝するとともに「有効に活用したい」と語った。

 全鶏会議も見舞金

 全国養鶏経営者会議(宮澤兄一会長)は、2月2日付で山口県養鶏協会に10万円の見舞金を贈った。鳥インフルエンザ発生による被害対策に役立ててもらうことを願って贈ったもの。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。