最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


オプティマイトを新発売 ノバルティス

2004.02.05発行
 ノバルティスアニマルヘルス(株)(本社・東京)は、殺虫剤成分をまったく含まないドライゲルテクノロジーによる安全・安心な環境衛生制御資材(ワクモ用)「オプティマイト」をこのほど発売した。
 オプティマイトは、英国ソレックスインターナショナル社が独自のドライゲルテクノロジー(特許取得)を利用して開発した、殺虫剤とはまったく異なる疎水性シリカを主成分とした製品。ワクモがオプティマイトに接触すると、疎水性シリカが脚の付け根(附足)に入り込み、外部骨格関節の動きを止め、活動できなくなって死滅する。これまでの殺虫剤で抵抗性を獲得したワクモに対しても有効性が期待できるという。
 オプティマイトの主な特長は、(1)ワクモが夜間活動する習性を利用し、特殊シリカがワクモを駆除(制御)する(2)ワクモの被害による産卵率の低下を改善することが期待できる(3)ワクモによる鶏卵の汚れを抑えることが期待できる(4)散布面の付着性に優れ、しかもベタつかない(5)オプティマイトは、殺虫剤に代わる安全な製品としてワクモを駆除(制御)する(6)状況によって最長で12週間の持続性が期待できる、など。
 使用量は、通常20平方メートル当たり1リットル、ワクモの隠れている隙間や裂け目には10平方メートル当たり1リットルを散布する。散布には同社が推奨するバッテリー噴霧器や手動噴霧器、およびノズルの使用を勧めている。
 詳細は同社(電03・3435・5245)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。