最新!  関東GPセンターが竣工 マルトグループのパートナーズ 最新鋭設備でコストダウン図る(ニュース-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月29日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


川崎製薬が畜産用消毒剤「ヘルミン25」を発売 鶏舎・器材の噴霧消毒に効果

2003.09.05発行
 川崎製薬(株)(岡本雄平社長―本社・川崎市川崎区中瀬3―19―11)は、8月1日にグルタラールを有効成分とする畜産用消毒剤「ヘルミン25」【写真】を新発売した。
 ヘルミン25の主な特長は、(1)有効成分であるグルタラールは、微生物をたん白凝固によって殺滅するため、一般細菌のほかウイルス、芽胞菌など幅広く有効に作用する(2)金属腐食性が低いことから、手術用器具の消毒に有用である(3)沸点が高いため、噴霧後のガス発生が少なく、広い適用範囲で安心して使用できる――など。
 成分・分量は、主剤100ミリリットル中、グルタラール25グラム。緩衝剤は、緩衝塩類、色素。
 効能・効果は、畜・鶏舎およびその設備、種卵、養鶏用器具器材、手術用器具器材の消毒。
 用法および用量は、主剤と緩衝剤を用時に水で希釈し、目的に応じて左記の通り使用する。
 畜・鶏舎の消毒=200〜1,000倍に希釈し、1平方メートルにつき100〜300ミリリットルを直接噴霧する。
 種卵、養鶏用器具器材の消毒=200〜500倍に希釈し、室温で1分間浸漬する。
 孵卵器の消毒=200〜500倍に希釈し、1平方メートルにつき100〜300ミリリットルを直接噴霧する。
 手術、解剖用器具器材の消毒=10倍に希釈し、室温で60分間浸漬する。
 包装は、1リットル入り(緩衝剤1リットル入り)と5リットル(同5リットル入り)。
 詳細は、同社お客様窓口(電044・266・0400)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。