最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月24日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ブロイラー6億1,348万羽、成鶏は9,618万羽 14年度の食鳥検査

2003.07.25発行
 厚生労働省は7月17日、「とちく・食鳥検査等に関する実態調査」をまためた。
 それによると、14年度のブロイラー検査羽数は6億1,348万6,914羽で、前年度比98.3%であった。処理場別では、全体の97%に当たる5億9,565万8,861羽(同98.3%)が大規模食鳥処理場で処理され、残りの3%に当たる1,782万8,053羽(同100.4%)が認定小規模処理場での処理となっている。
 成鶏は9,618万8,405羽で同102.6%であった。処理場別では全体の七九・六%に当たる七千六百五十三万九千二百六十五羽(同一〇三・六%)が大規模食鳥処理場で処理され、残りの20.4%に当たる1,964万9,140羽(同98.8%)が認定小規模処理場での処理となっている。
 その他(あひる、七面鳥)については、すべてが認定小規模処理場での処理で、134万7,228羽で前年比179.5%であった。
 14年度実績の大規模食鳥処理場は180(前年度182)場、認定小規模処理場が3,010(同3,008)場。
 食鳥検査料については、平日では5円が最も多く、次いで3円、4円の順になっている。時間外や土日・祝日、年末年始では5円が最も多く、4円、3円の順となる。
 検査の対応日数では、全体の平均が261.5日で、最高が310日。検査対応時間は、全体平均が8時間20分(最高が13時間、最低が4時間)。開始時刻は平均で6時56分から15時47分(最高が9時45分から20時50分、最低が2時から7時30分)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。