最新!  「TPP11協定」大筋合意 鶏卵・鶏肉の関税撤廃 12か国TPPの範囲内(トップ記事-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農中卵が特許を出願 鶏卵のトレーサビリティシステムのビジネスモデル

2003.07.25発行
 全農中央鶏卵センター(都能正紀場長)は、このほど鶏卵のトレーサビリティ(追跡可能性)を行なうことができる「鶏卵の管理システムおよび管理方法」について考案し、ビジネスモデル特許を出願した。
 消費者の食に関する最大の関心事は、「安全」「安心」であることから、同センターは消費者に「安全」「安心」なたまごを提供するため、生産からパック詰めまでの商品履歴の蓄積・情報の開示が必要だと考えた。
 鶏卵の商品製造は、(1)種鶏・孵化(2)育雛・育成(3)採卵鶏農場(4)洗卵・選別・包装(GPセンター)の過程に分かれており、それぞれ経営体が異なっていたり、分業制となっていることなどから、系統だったトレーサビリティシステムを適用することは困難な状況にあった。
 今回特許出願した「鶏卵の管理システムおよび管理方法」では、採卵鶏農場の「集卵装置」と、GPセンターにおける「鶏卵自動選別包装機」「印字装置」を連動させ(鶏卵トレーサビリティプログラム)、商品へ印字した「記号」により、どの鶏舎の卵を使用して製造した商品か、を明確にすることができるというもの。
 また、当該鶏舎の鶏に関する(1)孵化場(2)育雛・育成場(3)採卵鶏農場での検査情報を、この「記号」により消費者に生産履歴情報として開示するためのシステム・資材の開発を進めている。
 同センターでは、今後同じモデルを使った現場でのトレーサビリティシステムを検討してきたいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。