最新!  韓国の養鶏産業と処理場(特集-2016.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


福崎孵化場が完成 最新の設備、最大の能力 ゲン・コーポレーション、ハイデオ西日本

2003.07.05発行
 (株)ゲン・コーポレーション(坂東眞男社長―本社・岐阜市)と(株)ハイデオ西日本(上野和孝社長―兵庫県)は、兵庫県神崎郡福崎町西治1101―17の福崎企業団地内に建設中であった“ゲン・コーポレーション福崎孵化場”が完成したことから5月28、29の両日、関係者を招いて敷地内で竣工記念式典と祝賀会を盛大に開催した。
 第1日目の28日(29日はレイヤー生産者ら約250人が出席)は、県はじめ地元、福崎町の関係者のほか、全国の種鶏孵化場の代表者ら、約250人が出席、竣工披露宴に先立ち建物内部などを見学した。
 「世界最高水準」の技術と信頼――の福崎孵化場は、敷地面積19,859平方メートル(約6千坪)、平屋建て延べ床面積4,636平方メートル(約1,400百坪)。投資額は明らかでないが、土地を含めて約15億円。
 導入した設備・技術は、(1)エアフローとコントロール性と衛生面に優れるチックマスター社の最新型シングルステージ機を採用(2)米国IHS社の優れたノウハウによる設計で、高い安定性と効率を誇る空調システムを採用(3)換気のために場内に取り込むすべての空気は、強力紫外線による殺菌を行なった上に、二重以上のフィルターを通す(4)空調(加湿)に用いるすべての水は、逆浸透膜濾過システムを使用し、細菌などを除去した上で使用する(5)場内で働くすべてのスタッフは必ず入場前にシャワーを使用する(6)場内に持ち込むすべての物に対して燻蒸消毒を実施する(7)カードエントリーシステムと効果的なフェンスを設置してセキュリティを確保し、入場者の厳格な管理を行なう――などが特長。
 年間初生雌ヒナ生産能力は1,600万羽であるが、1,200万羽でスタート。6月24日に初出荷した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。