最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵、食鳥とも弱含み 全農の5〜6月市況予想

2003.05.25発行
 全農は、このほど5〜6月の畜産物市況予想をまとめた。鶏卵、食鳥ともに弱含みの予想となっている。
 〈鶏卵〉
 5月=供給面では、秋ひなの産卵ピークを迎えるため、生産量は高水準の推移が続く見込み。鶏卵消費のさらなる悪化が見込まれる中、老鶏淘汰などの生産調整実施による生産量の抑制が急務である。
 需要面では、景気後退の続く中で、家計消費量や特売実施率などが回復する状況は期待できず、消費環境の改善はほとんど見込めないため、連休以降の販売不振による滞貨玉の発生が懸念される。
 相場は、Mサイズ基準値月間平均で140円前後(前年157円)か。
 6月=供給面では、昨年末にえ付けされたひなが、大規模なロットで産卵を開始することが見込まれるため、下位サイズを中心に余剰感がさらに高まるであろう。
 需要面は、消費不振が続く中、入梅に伴い鶏卵消費が落ち込み、荷動きがさらに悪化することが懸念される。加工メーカーの手当てによる市場隔離に期待したい。
 相場は、Mサイズ基準値月間平均で135円(前年163円)か。

 〈食鳥〉
 5月=国内出荷は、計画処理羽数が前年比103.4%、同処理重量が同101.3%(PWV見通し)と、羽数ベースでは依然として供給過剰気味の推移が懸念される。
 輸入に関しては、当分の間は、現状の3万トン台での推移が予想されるものの、主要輸出国の個別事情もあり、先行きは不透明。
 需要面では、量販店など末端の荷動き自体が極めて鈍化していることから、引き続き強材料に乏しい状況が続くものと思われる。
 市況は当面、反転は望めず、月間平均で、もも540円前後(前年646円)、むね170円前後(同227円)か。
 6月=国内出荷は、計画処理羽数が前年比103.6%、同処理重量が同101.6%となっているが、日本食鳥協会が生産加工部会の会員に対し、生鳥出荷重量を前年実績の5%減とする調整を呼びかけていることから、今後、その効果が注目される。
 需要面は、梅雨入りを迎え、消費がさらに鈍化することは避けられない。入荷動向によっては余剰感が一層強まることが懸念される。
 市況は、引き続き弱含みの推移か。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。