最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月19日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


赤ブロイラー種鶏「グリモード・スーパーレッド」を6月から発売 中部産業

2003.05.15発行
 中部産業(株)(本社・岐阜市長良5―29)は、6月からフランス・グリモード社の赤ブロイラー種鶏『グリモード・スーパーレッド』の輸入販売を開始すると発表した。
 同社の説明によると、ダックの事業からスタートし、今年で創業35年を迎えるフランス・グリモード社は、食用ウサギ、食用ハト、有色羽色ブロイラーと年々事業を拡大してきている。2000年の家畜家禽部門の年間売上高は約8,800万ユーロ(約114億4千万円)で、ダックは英国のチェリーバレーに次いで、世界第2位のシェアを持つ。
 10年前からブロイラーの育種改良事業に取り組み、3年前から世界中で販売を開始しているグリモード社の有色羽毛ブロイラーには、横斑プリマスロックタイプなど各種あるが、その中で一番大型のブロイラーが今回輸入販売する赤ブロイラーの『スーパーレッド』である。10週齢で雄雌平均体重が3キログラム以上になる。
 改良の一番の特長は、合成鶏になっていることで、赤ブロイラーは雄系が褐色羽色でレッドコーニッシュ系のL―11、雌系がレッドロック系のGL―86。コマーシャルブロイラーの『スーパーレッド』は、63日齢で雄雌平均体重が2,730グラム、飼料要求率は2.48。10週齢では3キログラム以上になる。
 中部産業(株)では、「種鶏の産卵成績も良く、45週間で種卵が184個採れ、孵化率も良い。肉はイエロースキンで、赤鶏のおいしい肉ができる。すでに大手インテから引き合いがきており、6月から輸入販売の対応がとれる。雄系、雌系の切り売りもできる」としている。
 詳細は、同社(電0575・28・4122)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。