最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月25日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農と伊藤忠 飼料畜産事業で提携

2003.05.05発行
 全農と伊藤忠商事(株)、伊藤忠飼料(株)は4月22日、グループ会社を含む飼料畜産事業で業務提携すると発表した。
 全農と伊藤忠商事は、すでに米国での穀物集荷事業などで協力しているが、国内での牛用飼料の専用工場化に関連して、全農傘下のくみあい飼料と伊藤忠飼料(株)の間でも、配合飼料(養魚用飼料を含む)の受委託製造などに取り組むほか、飼料畜産事業全般にわたり業務提携を推進する。
 具体的には、近くワーキンググループを発足させ、(1)飼料製造(牛用飼料製造専用化、鶏・豚用飼料と養魚用飼料の受委託推進)(2)研究開発(研究開発の分担、スピード化)(3)種畜(SPF種豚の能力開発・性能向上、優良種鶏の選定と事業化)(4)環境(家畜排泄物法に対応した環境対策の推進と共同処理施設の運営)(5)原料(新規開発、物流)――の5分野で、実行可能な項目から速やかに取り組むことにしている。「現段階では両グループの経営統合までは考えていない」(伊藤忠飼料)といわれる。
 今回の業務提携について、全農と伊藤忠商事、伊藤忠飼料は、広報を通じ「両グループは国際競争・環境規制など、業界を取り巻く厳しい情勢に対応するため、双方の国際ネットワークと国内で培ってきた事業システムを生かし、消費者が求める、安全で安心な商品を生産し、供給する仕組みを構築することによって、わが国の飼料畜産事業の発展に貢献したい」とコメントしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。