最新!  鳥獣類被害対策製品 成和が「鳥獣丸」発売(新製品-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


トレーサビリティシステムを導入 アキタの「ニューげんまん」

2003.04.15発行
 (株)アキタ(秋田善祺社長―本社・広島県福山市)は、4月1日からインターネットを使って、消費者が検索できる卵の生産履歴追跡システム(トレーサビリティシステム)を導入した。
 対象商品は、当面「ニューげんまん」に限定しているが、順次対象を拡大していく方針。
 具体的には「ニューげんまん」のパッケージに7桁の生産履歴がわかるトレーサビリティ・コードをつけ、インターネットで同社のホームページにアクセスし、パッケージについたコード番号を入力して検索すれば、商品の生産農場、サルモネラ(SE)チェック成績、飼料、飼育、衛生管理の履歴などが閲覧できる。
 鶏卵のトレーサビリティシステムに本格的に取り組んでいる企業はまだ少ないが、同社のトレーサビリティシステムの特徴は、(1)ひなから産卵鶏に至る全生涯にわたったサルモネラワクチン接種状況、25段階のサルモネラ検査結果が閲覧できる(2)生涯にわたる飼料の内容を追跡できる(3)外部機関によって運営・記録をチェックするようにあらかじめ設計してある――などで、一貫したシステムをとっていることが、トレーサビリティシステムの導入を可能にしたといえる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。