最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


事業カンパニー制を導入 アマタケ

2003.04.15発行
 (株)アマタケ(甘竹秀雄社長―本社・岩手県大船渡市盛町字二本枠5)は、4月1日からグループ企業に事業カンパニー制度を取り入れた再編を行なった。これによりアマタケは営業とグループ企業の管理に特化する。
 グループの主力であるチキン部門は、生産を担当している(株)アマタケナック(種鶏・孵卵)と(株)アマタケファーム(コマーシャル生産)を統合し、アマタケ・ベスト・チキンの頭文字を取って「(株)A.B.C.ファーム」(大船渡市立野町字萱中270―2)としたほか、処理・加工部門は、アマタケ本社の大船渡工場と(株)ハイフーズアマタケの滝の里工場(加熱・加工)を統合して「(株)A.B.C.フーズ」(陸前高田市竹駒町字滝の里105―5)とした。運送部門の(株)アマタケ運輸は、社名を「(株)A.B.C.エクスプレス」(大船渡市大船渡町字堀川1―1)に変更した。鴨と卵部門の「(株)甘竹田野畑」(下閉伊郡田野畑村室場24―4)は従来通り。
 アマタケ本社に所属していた惣菜事業と田野畑乳製品販売、ハイフーズアマタケの高田工場(豆腐・ブイヨン)は、新会社の「(株)ナチュラルデリカ」(東京都港区芝2―3―25―2F)に統合。野菜の生産を担当している「(株)ファームランド藤沢」(東磐井郡藤沢町徳田字荒谷19―1)には、新たに販売部門を設けて機能を強化した。外食事業を展開している「(株)ダイニングキャスト」(東京都港区芝1―5―12)は従来通り。
 今回の機構改革について甘竹社長は「わが社も今年で創業40周年を迎え、関係会社は提携先も加えると11社、1,500人の社員を抱えるまでになった。事業も主力のチキン事業と他の外食や惣菜、卵などの事業分野とがほぼ半々になってきた中で、これまで以上にお客様の立場に立って、国産で安全・安心のチキンや卵、加工製品を追求する一方、より一層コストダウンを図ると同時に、付加価値をつけた商品を提供する必要があることから、事業カンパニー制の導入に踏み切った」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。