最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月24日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


岡山でこっこちゃんフェア 2,000人の人出でにぎわう

2003.04.05発行
 消費者に岡山県産の鶏卵や鶏肉への認識を深めてもらい、消費を拡大しようと、岡山県養鶏協会(池田隆政会長)は、3月15日に岡山市京山の池田動物園内で、恒例の「こっこちゃんフェア〜2003おかやまエッグ&チキン」を開催した。あいにくの雨天であったが、今年で13回目を迎え、家族連れを中心に約2,000人の人出でにぎわった。
 午前10時からのオープニングセレモニーでは、県養鶏協会の金井克己事務局長が開会を宣言、主催者を代表して池田隆政会長があいさつし、来賓の県農林水産部畜産課の上原逸史課長が祝辞を述べた。続いて池田会長、全農岡山県本部の三宅忠篤畜産部長、県養鶏協会の杉洋副会長((有)岡山県ブロイラー会長)、山上恭宏副会長((株)福田種鶏場社長)の各氏と、上原畜産課長の5人によってテープカットが行なわれ、フェアが開幕した。
 会場内では昨年12月に地鶏の特定JASに認定された県特産「おかやま地どり」や、DHAを加えたエサを与えて栄養価を高めた卵などを市価の約2割安で販売した。また、焼き鳥やくんせい肉、温泉卵の試食コーナーのほか、鶏についての理解を深めてもらうクイズラリーもあり、家族連れらは雨にもかかわらず楽しんでいた。
 同フェアは、会場を天満屋デパート本店広場から池田動物園に移して今年で5年目を迎え、岡山市民にもお馴染みの行事となっている。同フェアの後援は岡山県、岡山県食鳥肉販売業生活衛生同業組合、農畜産業振興事業団、(社)日本養鶏協会、(社)日本食鳥協会。
 【写真はテープカットする左から山上、三宅、池田、上原、杉の各氏】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。