最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


4〜6月期配飼価格 トン500円値下げ

2003.03.25発行
 全農は3月14日、4〜6月期の配合飼料価格を全国全畜種総平均で1トン当たり約500円値下げすると発表した。全農は、畜産経営に与える影響を緩和するため、4〜6月期も飼料基金からの補てんを要請した。補てん額は27日の理事会で決まるが、トン550円となる見込み。実質農家負担は約500円の増加となる。
 今回の値下げは、為替相場が1ドル118円前後と、予想以上の円高傾向をみせていることが主要因。このほかたん白源は大豆粕、魚粉とも強含みに推移するとみられるが、トウモロコシ価格は1ブッシェル当たり2ドル30セント台で安定推移していることから、値下げを行なったもの。(成鶏用は500〜550円、ブロイラー用は400〜450円の値下げ見込み)
 全農の値下げに伴い商系も値下げに踏み切るものとみられている。値下げが実施されても、飼料基金からの補てんが前期の1,550円から550円に減額となる予定で、実質約500円の負担増になる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。