最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月26日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


100万羽以上62社で全体の約79% 米国の採卵養鶏ランキング

2003.03.05発行
 米国の養鶏雑誌「エッグ・インダストリー」1月号に掲載された、米国の採卵養鶏企業のランキングによると、2002年12月31日現在で、100万羽以上を飼養している企業は62社にのぼる。この62社の合計羽数は、米国内の採卵鶏約2億8千羽の約79%に当たる2億2,100万羽を超える。
 前年との比較では、12の企業が羽数を増やしたと答えている。7位のモアークはオハイオ州のランド・オー・レイクを、5位のスパボーはファーム・エッグ・プロダクツ(昨年のランキングは33位)をそれぞれ取得した。10位のイセ・アメリカの羽数は、エッグ・アンド・アイの羽数を含む。24位のコフコフ・エッグ・ファームズと34位のマッキャナリ・ランチは、7位のモアークと合併したが、このランキングでは別々に載せている。
 環境問題で飼養羽数の削減を余儀なくされたバックアイ・エッグ・ファームは、12月に削減羽数の見積りを示したが、この羽数は、今後修正される可能性がある。
 サイプレス・フードは2002年に倒産し、ランキングから落ちた。新しい採卵養鶏企業のレンブラント(アイオワ州)は、200万羽飼養で新登場したほか、100万羽台で6社が加わった。
 なお、同誌2月号では、イセ・アメリカが、バックアイ・エッグ・ファームの一部の買収を試みていると報じている。同ファームの施設は環境を破壊せずに稼働可能との情報から、イセは、飼料工場が稼働していることを条件に、ゴセン・タウンシップの若メス農場、マウント・ビクトリーとマルセイユの二つの採卵農場、マリオン郡の飼料工場の買収に合意したとのこと。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。