最新!  家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売(新製品-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農の2〜3月市況予測 鶏卵、食鳥とも弱気配

2003.02.25発行
 全農は、このほど2月〜3月の畜産物市況予測をまとめた。鶏卵、食鳥の概要は次の通り。
〈鶏卵〉
 2月=供給面は、下旬ごろからは、高水準の稼働羽数を背景に生産量が増大し、余剰感が高まってくることが懸念される。
 需要面は、寒波の到来による季節需要の盛り上がりに加え、実施規模は小さいながらも、量販店の決算特売が見込まれ、冬季ならではの堅調な荷動きに期待したい。
 市況は、Mサイズ月間平均で180円前後(前年187円)か。
 3月=供給面は、強換復帰鶏の産卵再開が本格化し、また、気温の上昇による産卵率の向上と、秋雛の産卵本格化が見込まれるため、供給過剰による余剰卵の大量発生が危惧される。
 需要面は、気温の上昇による鍋物需要の減少や、学校給食の中断による荷動きの停滞、また、市況の先安感による加工筋の買い控えなど、懸念材料が多い。
 市況はMサイズ月間平均で170円前後(前年176円)か。
 〈食鳥〉
 2月=入荷量は徐々に前年水準に戻る見込み。輸入は、国産品志向が続く中、実需に見合った輸入水準への調整が進んでいるが、主要輸出国の個別事情もあり、先行きは不透明。
 需要面は、量販店関連の特売需要も一定程度期待できることから、極端な販売不振に陥ることは考えにくいが、需給バランスがやや軟調することは避けられない。
 市況は、当面の均衡点を探る下押しの展開となり、月間平均ではもも680円前後(前年676円)、むね195円前後(同275円)か。
 3月=国内出荷は、計画処理羽数が前年比100.8%、同処理重量が同99.0%(PWV)となっており、おおむね前年並みの推移が見込まれる。
 需要面は、鶏肉全体が依然堅調に推移しているとはいえ、供給量によっては余剰感が強まることも十分考えられ、先行きは予断を許さない。
 市況は、弱基調ながらおおむね保合い圏内の推移か。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。