最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


破卵追跡システム「クラックレス」発売へ 東洋システムが5月から

2003.02.25発行
 破卵率の増減は、採卵農場の採算性に大きな影響を与えるが、東洋システム(株)(安田勝彦社長―本社・岐阜県各務原市金属団地97―4)は、この破卵率の低下に役立てる破卵追跡システム「クラックレス」を、カナダのベンチャー企業、センサーワイヤレス社と提携し、5月から発売する。
 衝撃を受けると発光する模擬卵は従来からあったが、数量的、システム的に破卵発生個所を把握することが難しかった。
 「クラックレス」は、最新の電子技術を駆使して、センサーと発信回路を搭載したセンサーエッグとパームコンピュータおよびパソコンをシステムとして組み合わせ、センサーエッグが受けた衝撃を重力gで数量的かつ連続的にデータ収集し、これをパームコンピュータが受信して、表示すると同時に記憶する(国際特許申請中)。
 記憶したデータをパソコンに接続、分析ソフトを使用して、破卵発生の可能性のある個所を重力gで具体的な数値として表示する。表示された個所をセンサー卵を使用して、衝撃が最低になるように対策を打っていく。
 この「クラックレス」を農場やGPセンター、配送用トラックに定期的に使用することによって、産卵から消費者に届くまでの破卵発生を、最低レベルに保つことができる。
 米国とカナダでは、すでに今年1月から発売しているが、日本向けにはセンサーエッグの重量を64グラム(米国・カナダ向けは58グラム)にすることや、ソフトの日本語への改良を行なうため、今年5月からの発売を目指している。価格は米国やカナダと同一価格とし、米ドルで8,995ドルを予定している。
 【写真は「クラックレス」をインライン農場で使用している状況】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。