最新!  知多養鶏農協 設立50周年を盛大に祝う(ニュース-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鑑別選手権 個人の部服部氏、グループ西郷ドーン優勝

2002.11.25発行
 (社)全日本初生雛鑑別協会(山下喜弘会長)は11月2日、東京都文京区弥生の東京大学農学部7号館で第43回全日本初生雛雌雄鑑別選手権大会兼鑑別技術研修会を開いた。
 開会式で山下会長は、「今回の会場である東京大学農学部は、鑑別技術を開発した増井清先生の解剖学教室があった場所であり、鑑別発祥の地での選手権大会の開催は、非常に意義深いものがある」などとあいさつした。
 全国から72人が参加した個人競技の部では、群馬県の服部豊士氏が優勝した。また3人1組で競うグループ競技では、九州支部の西郷ドーンが優勝した。上位入賞者は次の各氏。
 個人競技の部=(1)服部豊士(群馬)3分44秒(2)室屋博和(鹿児島)3分51秒(3)斉藤整一(愛知)4分13秒(4)田中義啓(群馬)4分14秒(5)岩瀬拡(群馬)、松下良一(鹿児島)4分21秒(7)馬場芳子(長野)、池永雄三(山口)4分31秒(9)西鋭三(福岡)、相沢清幸(岩手)、福井充(岩手)4分32秒(いずれも鑑別率100%)
 グループの部=(1)西郷ドーン(西、松下、室屋)4分15秒、100%(2)松阪A(石井、斉藤、高須)4分42秒、100%(3)都丸(岩瀬、田中、阿部)4分22秒、99.7%
 競技終了後に、各支部の代表者が羽毛鑑別を実演した。鑑別技術研修会では、農水省・畜産技術課の山本洋一課長補佐が「養鶏をめぐる最近の状況」と題して講演した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。