最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月19日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


J・R・Cがテクニカルセミナーを開く

2002.11.25発行
 (株)ジェイ・アール・シー(齋藤太洋社長―東京都中央区日本橋兜町11―7)は11月6日、東京・日本橋茅場町の鉄鋼会館で、米国・スパボー社アイオワ州総合マネージャーのマーク・フリードウ氏と、同社の飼料配合設計担当で、コンサルティング部門統括マネージャーのブルース・ベーレンズ博士(栄養学者)を招いて「2002年秋季J・R・Cテクニカルセミナー21」を開いた。
 セミナーには関係者ら約60人が出席し、主催者を代表してあいさつした齋藤社長は、「事業の経営や仕事を成功させるためには、少し先の変化を意識することではないか、と私は感じている。
 講師の二人は、スパボー社で長い間、採卵養鶏業の第一戦で仕事をされているので、米国の採卵養鶏業の実態と、それに関連することを分かりやすく解説してくださると思う。皆様がそれぞれの立場で理解を深められ、今後の仕事に役立てていただければ、このセミナーの目的は達せられると考えている。今後ともJ・R・Cの運営にご協力をお願いする」などと述べて講演に移った。
 フリードウ氏は「アメリカの鶏卵事情」と「アメリカの穀物事情と今後の予想」、ベーレンズ博士は「スパボー社の概況」と「採卵鶏 栄養学の新しい展開」と題してそれぞれ講演した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。