最新!  東は長雨、西は猛暑が影響 ひなは不足気味に推移 食鳥協理事会(ニュース-2017.09.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月25日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


10〜12月配飼価格 全農トン1,100円値上げ

2002.10.05発行
 全農は9月24日、10〜12月期の配合飼料価格を、全国全畜種平均で1トン当たり1,100円引き上げると発表した。米国の干ばつによる主原料のトウモロコシ、大豆の高騰によるもの。配合飼料価格の値上げに伴い、飼料基金からトン1,050円の補てんが実施されるが、前期の補てんがなくなるため実質350円の値上がりになる。商系も同様に追随する。
 今回の値上げは、主原料のトウモロコシが、米国の干ばつなどの影響から、前期調達相場が1ブッシェル当たり2.10ドル前後であったものが、10〜12月期は同2.70ドル前後に高騰しているほか、大豆も値上がりしていることによるもの。為替は前期は1ドル=124円前後で推移していたが、10〜12月期は119円前後の円高で試算したものの、原料価格の高騰をカバーできなかった。
 養鶏用配合飼料については、平均値上げ幅よりも200円前後上回るとの見方が強い。飼料関係者の間では、飼料穀物相場の上昇が続いており、来年1〜3月期においても値上げされるのではないか、と予想している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。