最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月29日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農の10月市況見通し 鶏卵、食鳥ともに堅調推移

2002.09.25発行
 全農は、このほど10月の畜産物市況見通しをまとめた。この中で、鶏卵と食鳥の見通しは次の通り。
〈鶏卵〉
 供給面は、気温が下がり産卵に適した季節となることから、生産量は増加すると思われる。全体的な大玉多産傾向に変わりないため、個卵重が回復することにより、再び大玉増、小玉減の傾向が強まってくるであろう。
 需要面は、気候が冷涼になることから末端消費の活性化に期待したいが、相場が一定水準まで上がることにより、加工筋の買い控えや特売実施率の低下なども予想されるため、需給バランスが軟化する可能性もある。
 相場は、Mサイズ月間平均で190円前後(前年174円)か。
 〈食鳥〉
 PWVの見通しによると、10月の国内出荷は、計画処理羽数が前年比101.8%、同処理重量が同102.1%となっており、引き続きやや多めの生産が見込まれる。
 需要面は、行楽需要が本番となるほか、例年、プロ野球関連の優勝関連セールなど強材料が多く、比較的底固い荷動きが期待される。
 市況は、大幅な上伸は見込めないものの、しっかりした展開となろう。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。