最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月23日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


優れた肥育成績示す ハバード 野澤組が飼育テスト

2002.08.15発行
 世界の鶏育種の3大ブリーダーの一つ、ハバード・イサ社(本社―米国・ニューハンプシャー州)は、レイヤー、ブロイラーとも、世界の各市場に最も合った鶏を供給するとの方針の下に昨年、組織体制を改革した。このうちアジア地区については、シンガポールに統括本部を置き、今年4月からは、ハバードイサ・ジャパン(山田孝行マネージャー、柴谷雅治レイヤー技術担当責任者―東京都港区赤坂)を開設して、日本市場重視の姿勢を強く打ち出し、日本の輸入発売元の普及活動を支援している。
 この中で、ブロイラー部門については、レギュラータイプと、赤鶏肉、特殊肉生産タイプをそれぞれ持ち、特に赤鶏肉では日本でも確実に市場シェアを確保している。
 一方、かつて日本で大きなシェア持っていたハバードブロイラーも、日本市場に合う、もも肉の多いハバード・クラシックの改良が進んできたことから、輸入発売元の(株)野澤組(東京都千代田区丸の内3―4―1、新国際ビル、電03・3216・3476)は、昨年に続いて今年も1月にコマーシャルを導入して、2回目の肥育テストを行なっていたが、このほどその結果がまとまった。
 今回のテスト鶏は、皮膚の色がホワイトのハバード・クラシックのCタイプと、皮膚の色が黄色(イエロースキン)のDタイプで、九州で飼育され、日齢の近い他鶏種とも比較した。
 テスト結果は、Cタイプは肥育成績が最も良く、Dタイプも他鶏種と遜色のない成績であった。さらに、歩留まりの成績でも、もも肉などは他鶏種を上回っているだけでなく、全体の成績でも他鶏種を上回るか、遜色のない成績となっている。
 野澤組の一ノ倉達也畜産部次長は、「初生ひなの輸入、検疫、移動のストレスがあったにもかかわらず、テストでは他鶏種を上回るか、全く遜色がない成績であったことは、ハバードブロイラーの高い能力を示すものといえる。以前からハバードは、種鶏の性能が優れていることで定評があり、これを機会に、日本での種鶏の輸入につなげて、ハバードブロイラーの復活を図っていきたい」としており、ハバードブロイラーに関心のある方は、ぜひ連絡されるとよい。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。