最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


混合飼料「アシドザイム」を発売 日清飼料

2002.07.15発行
 日清製粉グループの日清飼料(株)(福嶋宣社長―本社・東京)は、夏季・高温期に体力が低下しがちな鶏の消化能力を、複合酵素と有機酸の相乗効果でサポートする鶏用混合飼料「アシドザイム」を開発し、7月1日に新発売した。
 同製品は、クエン酸・脱脂米ぬかに、3種類の酵素を配合した混合飼料で、通常の飼料に配合して給餌するだけで、消化性を高め、栄養成分の吸収を高める。
 アシドザイムの主な特長は、(1)夏季・高温時の食下量の増加が見込めない時に、消化性を高めるための鶏用混合飼料(2)三種類の酵素が栄養素の吸収・消化を向上させる効果がある(3)有機酸(クエン酸)が胃腸内のpHを低く保ち、消化吸収を高める、など。
 給与方法は、夏季・高温時に食下量の低下が予想される二週間前から飼料に0.5%添加して給与。詳細は、同社(電03・3548・2658)の本薗(もとぞの)氏まで。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。