最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月21日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


1〜3月の鶏卵生産量 各月とも前年下回る

2002.06.05発行
 農林水産省統計情報部は5月20日、今年1〜3月の鶏卵流通統計を公表したが、各月の鶏卵生産量、出荷量とも前年同月を下回った。1〜3月累計の生産量は61万2,548トンで前年同期比2%減、同出荷量は59万3,797トンで同2.1%減。
 当初、ひなえ付けなどからみると、今年の鶏卵生産量の増加が予想されたが、統計上は減少したことはどのような原因か、また、生産量、出荷量が減少したにもかかわらず、1〜3月の卵価(全農・東京・M加重)は各月とも前年を下回っている(1月5%減、2月13%減、3月6%減)理由に関心が集まっている。
 え付け増のわりに生産が増加していないのは、強制換羽の減少や産卵期間の短縮などのほか、育成率の低下(育成期の病気など?)などで成鶏めす羽数が少ない(統計情報部の2月1日現在の成鶏めす羽数は前年比1%減)ためと推測される。また、生産量が減少したにもかかわらず卵価が低下したのは、消費が停滞(1〜3月の家計消費量は0.7%減、マヨネーズ向け原料卵も減少)しているためではないかみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。