最新!  知多養鶏農協 設立50周年を盛大に祝う(ニュース-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月15日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


新たに米国の2州でトリインフルエンザ発生

2002.05.25発行
 農林水産省生産局畜産部衛生課は5月20日、米国のウエストバージニア州、テキサス州でトリインフルエンザが発生したことから、わが国への侵入防止に万全を期すために、両州からの米国産家きん肉等の輸入を一時停止した。(20日現在の輸入停止は4州)
 米国では今年1月以降、ペンシルベニア州、メーン州、バージニア州、ノースカロライナ州で低病原性(弱毒)のトリインフルエンザ(H7)の発生が報告され、発生州からの家きん肉等(鶏肉、家きん肉、同調製品、殻付卵、加工卵、ひななど)の輸入は、最終発生日から90日間停止している。
 米国では、その後も他州に被害が広がっているといわれていたが、農水省は5月13日に、ウエストバージニア州とテキサス州での発生情報を得たことから、両国の家畜衛生条件に基づき輸入を一時停止し、米国に詳細を照会していた。
 その後、米国家畜衛生当局から、両州で発生したトリインフルエンザは低病原性であることや、両州で移動制限措置など適切な蔓延防止策が講じられていること――などの情報が確認されたため、米国全土からの輸入停止措置を、州単位の停止措置に切り替え、5月20日以降はノースカロライナ州、バージニア州、ウエストバージニア州、テキサス州の四州以外の州に対する輸入停止措置を解除した(ペンシルベニア州とメーン州は90日経過して、その後の発生の報告がないため、4月13日と5月20日それぞれ解除となった)。
 農水省によると、高病原性(強毒)のトリインフルエンザの場合は、米国全土からの輸入停止措置をとるとのこと。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。